が〜ん。中学生の長子が「塾の勉強会に行きたい。」と言ってきて・・・・

部活から帰って、さらりと長子が
「あ、明日の午後、友達と塾の勉強会に行くから。」と言いました。
が〜ん・・・・。
塾に行かず、自宅学習で頑張ると言ったから、年一括払いで通信教育費を支払い済みなのに(慌てて調べたら・・・どうやら、途中解約で精算はしてもらえるけれど)!
それに、小学校から継続している習い事も、費用が毎月かかっているというのに(それも、部活との兼ね合いでスケジュール管理が一人ではできないくせに)!
むむぅ
ものすごく・・・・嫌です。
そして、思いっきり私が難色を示して、あ〜だこ〜だと、ネガティブ要素をチクチク言い続けると・・・
「もういいよ!行かなきゃいいんでしょ!」と、ブチ切れてしまいました。
はぁ〜・・・本人は、”本気”になったというよりも、恐らくただのノリだと思うし
また「お金ばっかりかけて、中身が伴わない。」状態になるのが、安易に予想できてしまうし。
本当は、ここで子供を信じてあげるべきなのですが、・・・肝心な通信教育の方も「学校と進度が全然違う。」らしく、滞りまくりで。
私はどう思ってよいのか、どのように対処してよいかも、全く分からず。
トホホ、です。
親力、かなり不足してます。

体不調の時に選ぶことができる選択肢についての考察

人は誰でも健康を害してしまうことがあります。時には病気になったり、あるいは体不調で寝込んでしまうようなことがあります。何しろ生身の人間なのですから、生まれてから死ぬまでの間、ずっと健康を維持することなどできるはずがありません。
ところで実際に体不調に見舞われてしまった時は、一体どうするべきでしょうか。そんな時の選択肢は、大雑把に言って二つあります。まず第一に会社や学校などを休んで病院に行き、自宅でゆっくり休むことです。第二に、多少の無理をしてでも会社や学校へ行って、気合いや根性で頑張ることです。どちらにせよ、いずれの選択肢を選ぶのかは自分次第です。
ただし第二の選択肢を選ぶ際には、くれぐれも注意が必要です。たとえばインフルエンザで体不調の際には、下手に根性を発揮してしまうと会社や学校に大きな迷惑をかけてしまう危険があります。
ですから人に感染させてしまう病気かも知れない時には、決して無理をしてはいけないでしょう。そんなケースであれば、選ぶべき選択肢は自ずと一つしかありません。

元バックパッカーの中年男を引き込む「ゆるキャン△」という漫画アニメ作品について

40代の男性ですが「ゆるキャン△」という若者向けのアニメ作品にはまってしまいました。
女子高生が学校の野外活動サークルでキャンプなどを通じて友達と親交を深めるという文字で書いてしまうと
よくありがちで大の大人が真剣に見るようなものではない印象を受けてしまいますが、キャンプ用品の詳細の説明などはマニアックさ満載で
作品構成が結構凝っているので野外活動のベテランが見てもツッコミながら楽しめる作品になっています。
一番驚いたのは登場人物の女の子たちの性格を描いたリアリティで、主人公2人のうちの一人は割とありがちな熱血タイプで協調性の高い昭和風の主人公なのですが
その親友でもう一人の主人公は単独行動が好きで大勢の輪の中には入りたがらない言わばポスト平成的な性格です。
主人公二人を対立的な性格として描きながら人間関係全体は調和が取れた状態でストーリーが進んでいくので
それぞれがそれぞれの個性を尊重しながら時々助け合ったり感動を共有し合ったりするシーンがとても清々しいのです。
片方の主人公がサークルの仲間と一緒にキャンプをし、もう一人の主人公は別の場所に単独で出かけていくシーンがあるのですが
深夜にお互いのことを思い出しlineのチャットで今自分の目の前にある風景を送り合うというシーンがすごく印象的でした。
スマートフォンを使ったユビキタス人間関係というとあわよくば冷たさが前面に出てしまうこともありますが
「ゆるキャン△」の作者は10代の女の子の友情関係をスマートフォンのテクノロジーを使って的確鮮烈に描いてみせていると思います。

北海道のフォロワーさんが更新しているだけで安心しました

北海道で起きた大地震がニュースでずっと報道されていますが自分のことのように心配です。
このような災害が起きるとその土地に住んでいるネットで交流のある方のことが心配になります。
先ほどインスタグラムを見てみたら、北海道に住んでいるフォロワーさんが更新をしていました。
私はそれを見ただけで無事だったんだと安心しました。
更新しているということは命が何でもなかったという証拠ですからね。
ただ、どちらのフォロワーさんも停電しているみたいで不安な夜を過ごしていたそうです。
北海道のどの地域に住んでいるのかは分かりませんが、今回は広範囲で停電しているみたいなので大変だろうなと思いました。
停電している地域名を見ていると、今ではもう連絡を取らなくなった昔の友達の住んでる土地も色々と出てきました。
中には嫌いになって自分から切ってしまった人もいますが、そんな人でも不自由な生活をしているのかと思うと切なくなってしまいます。
停電で情報が分からないというのは凄く不安だと思います。

意外過ぎる展開になったW杯日本勝利について

監督交代というそりゃ何だかんだあったサッカーの日本代表ですけど実際に試合になると応援したくなりますし選手達には頑張ってほしいと思っていましたがさすがにコロンビアには勝てないだろうし下手したら大差つけられるかなと思っていましたがいきなり開始早々の意外なプレーが起こりましたねハンドでPKなのは当然でラッキーと思いましたが故意的には見えないハンドでレッドで一発退場というのは相手には同情してしまう出来事でしたあれは厳しすぎるだろというのが感想ですね。きっちりとPK決めてそのあとの展開見てていくら人数少ないとはいえあまりコロンビアのチームとしての動きがよく見えないところがあったのでこれいけるかもと思いましたけどさすがにそう甘くなくFK決められて前半終わったのでこれ後半まずいな結局逆転負けの流れなのかなと思っていましたが後半始まって10分ぐらい経っても日本の流れが続いていてまた相手の選手交代が全く効果的に見えないし投入したロドリゲスも本来の出来には程遠いので相手の攻撃が怖くないというのもあってなんとか一点取れたらいけると思ったものですそしたら上手く大迫が決めてくれて見てて嬉しくなりましたし大迫のインタビューも良かったです。その次対戦するセネガルのほうが厄介そうな相手に見えたので次の試合は試金石になるような気がします。

野球、サッカー、ゴルフ、テニス・・・最近のカメラワーク下手過ぎって言うかウルサイ!

たとえ興味がなくて。ほかに見たい番組がなくて・・・たまたまチャンネルをザッピング・・・あれこれ替えてみて、
サッカー・・・時にはテニス。野球・・・て、最近は夜、ナイター中継ってやらないよね〜〜〜。
詰まんない番組ばっかりで・・・なに見て、何を楽しんでいいのか?・・・
そのスポーツを見て楽しむしかない?

・・・で、たま〜〜〜に・・・野球でもサッカーでも、画がアングルがいまいち狭く感じたり、
選手のアクションやボールの動きを、カメラがいちいち追いかけるから、画面が右やら左やら動き過ぎるから
ウルッサイったらないわー!で落ち着いて見てらんないって言うか、カメラ引けよ!って文句を言いたいくらいです。
カメラマンが下手過ぎなんですよ!

以前、図書館で(黒澤明の・・・)本を見たことありますが、黒澤さんが「カメラが演技をするな!!」なんて檄を飛ばしたそうですが、
最近のカメラマンがやっていることは、正にそう!
より良い場面?を、見せたがいためにイロイロ動かしているでしょうけど・・・やっぱりカメラうるさい!!
ホントに「カメラが演技するんじゃねー!!」って当該のテレビ局に文句を言いたいくらいです。
{そのままのプレイを見せたら良いだろう!!}なんて、いつもそう思います。http://www.igroupcal.com/category17/hanashita.html

夫人にも生じる五月病対策は挑発に注意しよう

五月疾患といえば、新入働き手や新大学1年生などがなりやすいといったフィーリングがあります。
4月には緊張して張りつめていたものが、GWを境目に切れてしまうなんていうメッセージも聞かなくありません。
ママにも五月疾患があるそうです。
これは初めて聞いたのですが、論拠を聞いて納得しました。
ママというのは家庭の心理影響を受けやすいそうです。
たとえば息子の入学などがそれにあたるそうです。
「うちのこ大丈夫かな?」「正しくお勉強についていけてるかな」なんてふと息子の不安をしてしまうのは母体としては当たり前です。
でもこれが知らず知らずのうちに息子の趣旨としてだけではなく自分にとっての大きな刺激に向かうそうです。
あてはあります。息子が入園したてのうち、不安のせいで夜の寝付きが悪くなってしまい、ひいてはちょっと鬱陶しい感冒をひいてしまったことがあるからだ。
でもママの五月疾患もこういった刺激を報告、動作、道楽などで発散する結果解消できるそうです。
刺激は溜めずに頑張りたいものですね。黒ずみクリーム おすすめ

ビーガンって、本当に日本人の間で流行っているの?

最近、カフェなどでよくビーガンのメニューを見かけるようになったのですが、本当に流行っているんでしょうかね。
雑誌だとかネットの記事などで取り上げられたりすることはありますが、実際に私の身の回りでそうした食生活を貫いている人はいません。
確かに、健康にはいいのかもしれませんが、本格的に取り入れるとなると、きっとライフスタイルが大きく変わることでしょう。
いままでの自分の食生活を変えてまでそういうものを取り入れるというのは、とても大変なことなのではないかと思います。
そういう点で、健康法だとかライフスタイルというよりは、思想的な部分が強く感じられてしまいます。
ただ、動物性の食品を一切使用しないというのは、海外からの旅行者が増える中でビーガンのためのメニューはメリットもあります。
豚や牛を使用した食材をまったく使っていないので、宗教を問わずに提供できるメニューでもありますよね。
もしかしたら、そういう観点から普及しつつあるのかもしれないなとも思ったりもします。
ただ、ビーガン=おしゃれというような単純なものではなく、しっかりとその価値を見極めておきたいものではあるなと感じたりします。キレイモ パック料金

なんとか年末年始の仕事が、終わりました〜

年末年始の仕事と言うと大げさですが、なんとか終わってホッとしています。
それは、ただの年賀はがき投函と帰省なのですが、軟弱な私にとってはかなり重苦しいものなのです。
まず、年賀はがきは不要でできれば無くしたい、出さないでおきたい、でも一気に無くすのは難しいので、徐々に様子を見ながら数を減らすという気の使い方がしんどい(本来は気が利かない、ズボラな人なので)のです。
そして、帰省は、・・・交通費がかかる、交通機関で要所要所にて人がごった返し、手土産の用意もなかなか馬鹿にならない、と、苦手なのです。
夫実家も、自分の実家もワクワクして帰省するということはありません・・・非情なのでしょうか?
でも、義務を果たさなければ、とそれだけで一生懸命動いています。
特に夫の実家は気を使います。
余計な話題を出さないように、だからと言って沈黙ばかりもしんどい・・・そして、何かしら掃除などしないと流れる時間が辛いのです。
そして、昨晩、無事に自宅へ帰還しました。
あ〜、ありがたいです。
田舎独特の親せきづきあいの無い幸せ、「不幸」という過去の話題を聞かない幸せ、自分の勝手に家事ができる幸せ、手足のんびり伸ばして必要なことをサクサク処理出来る幸せ・・・それを実感しています。

ヒーリング音楽を聴くことで日々のストレスを解消♪

最近、ヒーリング系の音楽が大好きで、寝る前や職場での休憩時間ずっと聞いています。
聞く曲はその日の気分によってバラバラですが、基本的には川のせせらぎや森林の音、小鳥のさえずりなどが入っているものが多いです。
そんな音楽を聴いていると、自分が大自然の中にいるような錯覚を起こし、ストレスも吹き飛びます。
イライラしている時もイヤホンをして音楽を聞き、目を閉じる。
そうするだけで気持ちが落ち着きます。
さすが、ヒーリング音楽という名前だけあるなと思える効果です。
おかげで以前に比べて、ストレスを持ち越したり、ため込んだりということも少なくなってきました。
友達にも「最近なんかずっと機嫌いいよねーなんかいいことあったの?」なんて聞かれます。
その度に私はこう答えます。
「特別いいことはないけれど、上手に気分転換できるようになってきたのかな」
ヒーリング音楽は、もう私にとっては欠かせない存在になっています。
これからも上手に利用して毎日楽しく幸せに過ごしていきたいです。ベルタ葉酸サプリ マツキヨ