メディア露出増で温泉地はかつての賑わいを取り戻せるか

かつて新婚旅行客、社員旅行客などで賑わった熱海の

観光客は1970年代から減少し、さらに東日本大震災で

大きく減少しました。

そこで、熱海市はメディアの露出を増やすため

テレビ、映画のロケを無料でサポートする企画を

始めました。

この企画が当たり、年間約250万人まで落ち込んだ

観光客が約2割増えているそうです。

やはりメディアの力は強いものです。

眼に入る機会が多くなると訪れる機会も多くなります。

日本有数の温泉地熱海に復活の兆しが見えています。

この成功例を受けて静岡県では温泉地のPR活動を

推し進めています。

静岡県と言えば温泉宿の数が日本一でその数は

国内の約15%を占めています。

さらに伊豆地方には県内の源泉の90%以上があり

まさに温泉好きにはたまらない場所ではないでしょうか。

さびれた温泉にゆっくり浸かるのもいいですが

大きな温泉地で買い物にレジャーにと楽しめるのも

家族連れには嬉しいものです。

かつて盛んだった温泉地が次第にさびれていくのは

寂しい限りです。

是非とも熱海ばかりでなく伊豆、静岡の温泉地

さらには全国の温泉地の復活を祈りたいものです。即日融資 おすすめ