地下鉄の中で起こったこと。新品を服を着るときは気をつけましょう。

地下鉄に乗ってシートに腰かけていたら、目の前に女の人が一人、こちらに背中を向けて立っていました。まあそれだけなら、よくある光景なのですが、その女性のわきの下から、大きめのタグと値札がぶら下がっているのです。着ているのはロングのカーディガン。おそらく買ったばかりの品物を今日初めて着たのでしょう。クリーニングのタグを取り忘れたというケースはよくありますけど、大きいタグをぶら下げたままの人は初めてみました。しかも、ぶら下がっている位置がいけません。わきの下ですからね。「ちょっと、お姉さん、わきの下」なんて注意したら、逆に「何見てたのよ」とムッとされそうです。同じシートに腰かけてる乗客の人たちは、みんな知ってると思うのですよ。普通に前を見ていたら、目に入ってきますからね。でも誰も言わない。誰か言ってくれないかなと心の中で思うだけ。でも、やっぱり言わない。そのうち女の人は降りて行ってしまいました。正直、ほっとしましたね。隣の人もその隣の人もそう思ったでしょう。現代人は孤独ですね。