体不調の時に選ぶことができる選択肢についての考察

人は誰でも健康を害してしまうことがあります。時には病気になったり、あるいは体不調で寝込んでしまうようなことがあります。何しろ生身の人間なのですから、生まれてから死ぬまでの間、ずっと健康を維持することなどできるはずがありません。
ところで実際に体不調に見舞われてしまった時は、一体どうするべきでしょうか。そんな時の選択肢は、大雑把に言って二つあります。まず第一に会社や学校などを休んで病院に行き、自宅でゆっくり休むことです。第二に、多少の無理をしてでも会社や学校へ行って、気合いや根性で頑張ることです。どちらにせよ、いずれの選択肢を選ぶのかは自分次第です。
ただし第二の選択肢を選ぶ際には、くれぐれも注意が必要です。たとえばインフルエンザで体不調の際には、下手に根性を発揮してしまうと会社や学校に大きな迷惑をかけてしまう危険があります。
ですから人に感染させてしまう病気かも知れない時には、決して無理をしてはいけないでしょう。そんなケースであれば、選ぶべき選択肢は自ずと一つしかありません。